HOME>ホットトピックス>設置を検討する場合に踏まえておくポイント

覚悟しておく費用

業務用のエアコンと言っても設置する場所の規模や用途によって、サイズや本体価格はもちろん工事費用なども違ってきます。また、業務用エアコンを設置する場合一般の家庭用の100ボルトの電源ではなく、200ボルトの電源が必要となる場合が多く、その為の電源工事も必要となってきます。中古物件などで入れ替えなどの場合には、電源や配管などが活かせたりする場合があるので新規に比べ工事費用に関しては、費用を抑える事が可能になります。本体価格の相場としては、10~100万円程度は覚悟しておく必要がありますし、工事費用も10~50万円くらいは覚悟しておく必要があります。

壁掛け式と天井埋め込み式

業務用エアコンの工事費用に関しては、壁掛け式と比べ天井埋め込み式がありますが、出力が高い天井埋め込み式は高額になるのが一般的です。また本体価格も天井埋め込み式のほうが高額となるケースが一般的となっています。

中古品と言う選択肢

業務用エアコン工事は高額な費用がかかるので、予算を抑える方法としては中古品を探すと言う選択肢もあります。その場合年式や程度によって、維持費や電気代などのランニングコストで将来的に、かえって高く付いてしまう事もあるので注意が必要です。

広告募集中